昨日から本気出す予定だった。

ぬるまゆ医大生のぬるぬる雑記

君に会わなくたってどっかで息してる

なんと1年以上ぶりの更新でした。

 

飽き性なのは治らないみたいです。

あと、筆不精なのも治りません。

LINEだって、友達相手ですら続きません。

 

最近は多分いろんな持病が悪化してます。

耳管開放症は前まで効いてた薬が効かなくなって、自分の声がうるさくて喋るのが億劫です。

偏頭痛はついに毎日服用してた血管拡張抑制薬では足りなくなって、脳神経をダイレクトに抑制する抗てんかん薬を毎日飲むようになりました。

胸痛にはティーツェ病という病名がつきました。

鼻づまりくらい他に比べれば些細な症状だけど、毎晩鼻が詰まって息ができなくなるので、薬をもらっています。

 

私の家族はみんなどこかしら悪いので、この世の人はみんな持病を持ってるものだと思っていましたが、そうでもないらしいと知って、とてもつらい気持ちになりました。

 

なんで、私だけ。

 

もっと重い病気の人に比べたら楽なのかもしれないけれど、そんなの知りません。何個も持病があるせいで薬の飲み合わせが怖くて、常におくすり手帳を持ち歩くようになりました。

 

つらいって言わなきゃわかってもらえないけど、つらいっていうのも嫌で、どうせつらいって言ってもわかってもらえないんだろうな、って思って、

大学の友達なんて誰も信用してないし、誰のことも好きになれません。

 

私の今の性格は、2回精神崩壊して退行したあとに再形成されたものなのですが、

それを知らないと、底抜けに明るい人に見えるらしいです。

まぁ、言いたくないのでいうこともないです。

 

何もかもが面倒臭い気分です。

全部捨ててどっかにいきたい。

 

脳内BGM リボルバー/yonige


yonige「リボルバー」official music video

ぼくだって!だ〜れだって!

夏が近づいてきましたね!

でも、あんまり梅雨って感じでもないような。じめじめしてきてる気はするんですけどね。

最近の私は、なんかよくわからないけどめちゃくちゃアクティブに遊んでいます。主に先輩方と。

去年の自分と比べるとやばいくらい遊びの予定が詰まっています。反動でそろそろ引きこもりになるんじゃないかと自分で心配しています。まぁ去年が大概引きこもってたんですけどね。

 

今日気づいたんですけど、去年の冬くらいから授業中に集中して話を聞けなくなってる気がします。ケータイいじって、漫画読んで、みたいな。なんでだろう。ちゃんと聞いてたらわかることしか教えられてないのに。

明日から真面目になろう。(5000兆回目)

結局テスト期間にプリントと教科書を頼りに独学するハメになるんで、授業でちゃんとやっておいたほうがいいのは百も承知です。

うーん。5月病かな。

 

勉強好きなんだけどなぁ…。

最近レポートも上手く書けなくなってきたし、英語も話せなくなってきたし、取り柄がなくなっていくなぁ。悪い意味で医大生って感じですね。

 

あー。なんか、立派な大人になりたいなー。

って思いながら躁鬱を繰り返す毎日です。

 

これも、そろそろなんかブログ書いとくかーって感じで出だしもオチもなく書いています。内容なんてあるわけないです。

 

楽しいことがしたいだけの人生に何かしら特別さがほしいなぁなんて、特別な人間になりたいなぁ、なんて、欲張りなことを思いながら生きています。


爆弾ジョニー 『唯一人(tadahitori)[Music Clip]』

曖昧だらけSOS

いろいろつらくて、ひたすらストレスを溜め込んで、

内心大荒れだった上に、

片頭痛悪化させて、副鼻腔炎になって、風邪で大学入学以来初くらいの高熱を叩き出して、

肉体的にもボロボロだった1週間ちょいでした。

 

持病とか体調不良を放置してたのが悪いんですけど、ようやく病院行ったら

案の定大量に薬出されて、検査もたくさんして、お金もかかって、

健康だったら使わないお金なのになぁ、なんてまた鬱な気分になりました。

 

なんとか体調がよくなってきて、メンタルもちょっと回復してきたんですけど、

今度はよくわからなくなってきました。

ひたすら何かにイライラしてつらかったのに、それがどうでもいいことに思えてきて、

大事なことまでどうでもよく感じてしまって、人生もどうでもよくなってしまって、

ストレス溜め込むよりはいいんだろうけど、なんだかなぁって感じです。

 

すごく本当に好きなだったものだとか人だとかに、

気づいたら無関心になっていたときと同じ感覚です。

 

喪失感。

 

私も私がどうしたいのかわかりません。

それじゃあもう救いようがないな。

 

とりあえずは体調を元に戻そうかと思います。

嫌なことからは今のところは「いのちだいじに」ってかんじで。

三十六計逃げるに如かずです。

 

すごく頼れて、すごく私に優しい人に甘えたい。

そんな人いないけど。欲しい。

 

脳内BGM リサイクル/MINT mate box


MINT mate box「リサイクル」Music Video

君が描いた未来図が僕の首を絞める

風邪をひきました。

大学入って以来最高の具合の悪さです。

 

勉強しても頭に入ってこない、気持ち悪いから酒が飲めない、

なんて日だ。何をしよう。

そうだ、私はブログを持っていた。ブログを書こう。

そう思い至り、今に至ります。

 

最近は体調の悪さが相まってすごく情緒不安定です。

不安なこともむかつくこともたくさんあって、でもそれらを聞いてくれる人に言語化して話そうとすると泣きそうになるので話せません。

 

さて、最近は甘々な恋愛映画を見ました。こちら。どーん。

あと1センチの恋(字幕版)
 

「あと1センチの恋」。

幼馴染2人がお互い好きなのに素直になれないせいですれ違い続ける話。

あと1センチで届くのに、って感じです。 

原題は「LOVE,ROSIE」で、DVDのジャケット写真もラブラブな感じなんですけど、

私はこの邦題とジャケットの方が圧倒的にこの映画に合ってると思います。

邦題つけた人まじ天才かよ、って感じです。

 

私にも幼馴染ではないけど、こんな感じの仲良しな男友達がいて、

そいつに彼女ができたらどうしよう、

って考えてみたけど、別に「おめでたい」以外の感情が湧かなかったので別に私たちは素直になれなくてすれ違ってるわけじゃなさそうです。よかった。

なんの話だ。

 

素直になれたら難しいことなんてないのに。

私はどうしようもなく寂しがり屋のくせにチキンで強がりなので、好きな人にはいちばん素直になれません。素直になりたい。でも怖い。

なんの話だ。

 

明日から素直になる。

 

脳内BGM 波動砲ガールフレンド/空想委員会


空想委員会/波動砲ガールフレンドPV

君の全部がほしくたって

そういえば、わたしブログしてたんでした。

そう唐突に思い出して更新しています。

前回更新した時はツイッターのフォロワーも100人いかないくらいだったかな。

 

どこまで書いたかわすれたけど、無事に進級して無事に2年生のカリキュラムを受けています。

いろいろ相変わらずです。

そのせいでいろいろこじらせています。

でも、いろんなことで悩んで考えてうだうだできる無駄と起伏が多い人生の方が退屈しないできっと楽しいはず。

そう思って、本当はすぐにでも合理的に決断を下してしまえることにさえ悩んでみたりしています。

 

淡白な人生なんてきっと退屈で死にたくなっちゃうよね。

 

きっとそう。うん。

先輩の全部がほしくて拗らせてる人生の方が楽しいって…。きっと。

 

嗚呼。ずっと先の将来のことを考えると絶望も深いんですけどね、目先の楽しさだけを考えて生きていたいです。

難しいことはまた今度暇な時に考えよう。

 

脳内BGM サイハテアイニ/RADWIMPS


サイハテアイニ RADWIMPS MV

光って消える

高校3年生の時に文化祭でクラスで演劇をしました。

私の高校の演劇は、既に存在している脚本を脚本家の方やその劇団に許可を頂いて、アレンジして上演するスタイルです。

その上演する演劇を選んでいる中で、「不条理演劇」というジャンルがあることを知りました。

ジャンルとしては私の好きな現実主義な感じ。

 

さて。昨日「リリイ・シュシュのすべて」という映画を見ました。

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

 

 多分中高生?くらいの市原隼人主演で、蒼井優も出てます。

2人とも幼くてめちゃくちゃかわいい。

でも、この映画の内容はまさに不条理。ハッピーエンドではないです。

中学生のリアルの闇という闇を詰め込んだ感じ。

儚い。救いがない。

自分の中学生時代に重ね合わせると、登場人物それぞれに共感できてしまって、それがつらい。きっと中学生の私が彼らのそれぞれの状況に置かれたら、同じことをしてしまったと思う。

もう1回見ようとは思えない映画でした。

 

っていう、感想だけ。

やっぱハッピーエンドがいいなー。

たまにはこういうのもいいけどね。

救いがなさすぎたけど、ご都合主義がないところは好きでした。

 

脳内BGM 蛍/RADWIMPS

素敵な明日を願っている

ショーシャンクの空に」を見ました。

泣きました。

 

ネタバレしないようストーリーを書くと、

ショーシャンクという名前の刑務所に元エリート銀行員が「無実の罪」で牢獄に入れられる話です。

牢獄での理不尽があったり、心温まる人間関係があったり、犯罪者の人生につきまとう絶望があったり。盛り沢山な内容です。

理不尽なところはとことん理不尽なんですけど、その分ちゃんと救いがあります。

…救いがないところもあります。私はそういうリアリティが大好きです。

 

安心してください、ハッピーエンドです。

 

大学入ってから「名作」と言われている映画を見てみる試みをしています。

やっぱり、名作は名作と呼ばれるだけのものがありますね…!

画面の色とかカットの演出が本当に好きでした。シンプルなのに凝っていて多くの人がすんなりと楽しめるかな、と思います!

人によっては伏線が分かり易すぎると言われるかもしれませんが私はすごく好きでした。DVD買おうかな…。

 

今のところ私がDVDかブルーレイ買って何回も見たいなって思ったのは、

「ウォールフラワー」と「ショーシャンクの空に」の2作です。

まぁ、そんなに映画見たことあるわけじゃないけど。

 

「希望」というのが割とこの作品の主軸にくるのですが、刑務所での理不尽に受刑者たちは希望が自分たちを殺すように思い、希望を持たなくなっていきます。

わからなくもない。つらい現実で明るすぎる希望を持つと、現実との落差に泣きそうになります。

それでも、幸せなラストに「希望を持って生きよう」とは思わされます。

え?まぁ、私は割と今もそんなに希望は持てていません。でも、ハッピーエンドが綺麗すぎて幸せな気分になれました。

 

すごく幸せな気分です。

 

大事なことなので2回書きました。

私は映画を見て幸せな気分になるのが大好きです。見終わった後に爽快感と幸福感が残るのが名作って呼ばれてる映画の共通点なのかな、とも思ったり。

 

春休み中にもっと「名作」を漁ってみたいなーと思った夜でした。

 

爽快感と幸福感というと、私はミスチルHANABIを聞いた後にも同じ気分になります。

脳内BGM HANABI/Mr.Children


Mr.Children「HANABI」Music Video