Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

昨日から本気出す予定だった。

ぬるまゆ医大生のぬるぬる雑記

光って消える

高校3年生の時に文化祭でクラスで演劇をしました。

私の高校の演劇は、既に存在している脚本を脚本家の方やその劇団に許可を頂いて、アレンジして上演するスタイルです。

その上演する演劇を選んでいる中で、「不条理演劇」というジャンルがあることを知りました。

ジャンルとしては私の好きな現実主義な感じ。

 

さて。昨日「リリイ・シュシュのすべて」という映画を見ました。

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

 

 多分中高生?くらいの市原隼人主演で、蒼井優も出てます。

2人とも幼くてめちゃくちゃかわいい。

でも、この映画の内容はまさに不条理。ハッピーエンドではないです。

中学生のリアルの闇という闇を詰め込んだ感じ。

儚い。救いがない。

自分の中学生時代に重ね合わせると、登場人物それぞれに共感できてしまって、それがつらい。きっと中学生の私が彼らのそれぞれの状況に置かれたら、同じことをしてしまったと思う。

もう1回見ようとは思えない映画でした。

 

っていう、感想だけ。

やっぱハッピーエンドがいいなー。

たまにはこういうのもいいけどね。

救いがなさすぎたけど、ご都合主義がないところは好きでした。

 

脳内BGM 蛍/RADWIMPS